2019/06/19

海外業者のNDD/国内業者のDD方式および、FX税率の違いを知ろう

キーボード



前回の記事「海外業者は国内業者よりもスプレッドが高い分一定の透明性は保たれている」とお伝えしましたが、今回はそれについてもう少し詳しく解説していきたいと思います。


FX業者は主に2種類に分かれます。


A:国内業者のOTC方式(相対取引、別称DD)

B:海外業者のNDD方式



日本国内の業者は "ほぼ" Aの「DD(=相対取引)」を採用しています。

つまり、「顧客の損が業者の利益になる」という仕組みですね。


一方のBはNDD方式とよばれ、注文を直接インターバンクに流すため、スプレッドが可変する代わりに透明性が非常に高いと言われています。



先ほど「日本国内の業者は "ほぼ" AのDD(=相対取引)」と書きましたが、 "ほぼ" と言うのは、


・楽天FXCM

・くりっく365ラージ


などのように、国内業者でも海外業者の透明性(NDD方式)を保ちながら取引できる業者があるからです。

(上記レバレッジは個人口座ですべて25倍)


それでもやはり大半の方は、DD方式を採用している通常の国内業者を選ぶ傾向にあるようです。

それはなぜか。



理由① スプレッドが固定(ドル円ベースでいえば固定0.3の国内業者がほとんど)

理由② ツールが親切で使いやすい

理由③ クリック入金が便利

理由④ 信託保全制度があり安心

理由⑤ 国内業者の税率は一律20%




理由はざっとこんなところでしょうか。


確かにスプ固定ならスキャもやりやすいし、クリック入金は便利だし、ツールも使いやすいし、国内業者なら出金拒否もないだろうし、税率が一律20%なのも大きい。


最近はIG証券のノックアウト・オプションも出てきているので海外口座のようにレバを大きく張れる。

(IG証券のノックアウト・オプションについては zaiの記事 に詳しく載っています)


とはいえノックアウトでは一度指定した指値が変更できず、レバレッジも海外業者の400倍や888倍には到底かないません。


今は海外業者にも "bitwallet" があるので、海外業者から国内銀行口座への入出金も1日足らずで済みます。

税金も、確かに海外業者は累進課税なので稼げば稼ぐほど税金が高くなる傾向にありますが、出金額によって税率が変わることを知らない方が多いです。


海外口座税率
参照:ハイレバ口座くん!「【2019年】海外FXの税金・確定申告はどうなってるの?節税・脱税はできる?」



上の図を見てもわかる通り、海外業者といえども、利益が330万円以下であれば国内業者と同じか、それより低い税金で済んでしまうのです。

仮に900万円以下なら、税率33%で済む。

これでレバを何百倍も張れるなら、透明性の保たれたNDDの海外業者に行かない理由がないと僕は思うのです。


レバ最大888倍!海外業者の取引口座タイプをチェックしてみる




もちろん、あなたが数億円の資産持ちで海外業者はどうしても怖い、というのであれば国内業者で何も問題ありません。

でも統計によると、FXトレーダーの大半は資金100万円以下でトレードしているのが現実とのデータがあります。



資金100万円のレバ25倍で、どうやって億万長者になれますか?

もちろんハイレバは勧めません、勧めませんが、何度も言うように「相場はサーフィンみたいなもの」なのです。


レバを張れる局面にきたら全力で張る、自信のないところではフルレバは控えて様子を見る。

このさじ加減の妙味がFXの醍醐味とも言えるのです。


そのさじ加減を会得するのは簡単ではありません。

だからこそできるだけたくさん相場に触れ、(できれば僕のこのブログも参考にしながら)、レバを全力で張る場面とそうではない場面を感覚で覚えてほしいのです。



なんでもそうですが、経験に勝るものはありません。

今FXで勝てている方も、"負け" という経験を通して勝てるようになっていったのです。

勝てるようになるにはなるべく相場に触れ、経験値を積み上げていくしか方法がないのです。

手っ取り早く勝てる近道など存在しません。



取引ボーナスをゲットして海外口座を試してみよう




海外業者についてもう少し詳しく知りたい方は、「僕が使っている海外口座について 〜海外業者ってホントに怖いの??〜」を参考にしてみてください。


2019/06/15

僕が使っている海外口座について 〜海外業者ってホントに怖いの??〜

ドルコイン


前回「インジケーターは何を使えばいい?」でお伝えしたように、僕はチャートと取引口座で業者を使い分けてます。

チャートは国内業者の外為どっとコム、実際の取引口座は XM という海外口座です。



最初にお断りしておきますが、僕は国内業者否定派ではありません。

やはり日本の口座って安全だし、信託保全もしっかりしてていざという時にお金も守られそうだし。

MT4のチャートは個人的に使いにくいですしね。


それでもやっぱり、レバを888倍まで張れる(XM)のは大きいですよ。

ゼロカットシステムだから入金した分以上の損はないし、相場の急変時でも追証は発生しない。

国内業者にはない入金ボーナスもついてくる。

今は "bitwallet" があるから海外口座から国内銀行口座への入出金もラクチン。

通貨だけじゃなく株・原油・ゴールドも取引できるし、日本人の専属オペレーターもいるのでわからないことはいつでも気軽に聞ける。

自動売買(EA)で取引したいなら、まずは無料EAをたくさん使えるGEMFOREXで口座を開けば、GEMのEAをXMで走らせるなんてことも合法的にできちゃうわけです。(この裏技、FXブロガーでも知らない人が多いです笑)


出金拒否なんかも特に聞いたことはありません。(トレーダーの契約違反による出金拒否は除く)



海外業者を頑なに怖がってる人は「人生損してるなぁ」と思ってしまいます。

別にそこまで怖いものじゃないのにね……。むしろ小銭トレーダーの味方ではないかと……。


XMを知らない人のために一応リンク置いときますね、HP見た方が早いと思うので。

ボーナスあり!レバレッジ888倍のXMについて




閑話休題。

リーマンショック以前のFX界隈の様子を知ってる者としては、国内口座だって当時はやりたい放題だったのにと思ってしまうわけですよ(`・ω・´)

当時は国内でもレバ400倍は普通でしたし、それどころか勝ってる人間への嫌がらせ(ストップ狩りやヒゲ狩りや約定を遅らせるクルクル詐欺など)当たり前でしたからね(´;ω;`)

誰もが知ってる大手業者が堂々とやってたんですよ、これ。

ネットレビューなんかが広まって今はだいぶ落ち着きましたけどね(´;ω;`)



海外業者は万が一潰れたら資金が戻ってこない!なんて話もよく聞きますが、あの頃は国内業者でも潰れる会社は平気で潰れてましたから

金融庁の指導が入ってだいぶマシになりましたけど、何も危ないのは海外業者だけじゃない。

当時は国内業者だってやりたい放題だったんですよホントに(´;ω;`)



それが急に手のひら返して「ハイレバは悪だ!」って……。

少し前も、現行のレバ25倍からさらに10倍に落とそう、なんて議論がなされてたぐらいですからね。

もうね、レバ10倍で何ができるか!って話ですよ(*´_ゝ`)

少ない資金でたくさんポジションを持ちたいなら海外口座一択です。



日本は行政が親切すぎる、投機や投資はすべて自己責任なのに……。

この手の改悪は今後もたびたび議論されるでしょうね。

株のようにいずれはレバ3倍になる日もそう遠くないんじゃないかなと個人的には思っています。



これはっきり言っちゃいますけど、ハイレバが悪いんじゃなく、すべてはトレーダーの腕の問題です。

レバを張れる局面にきたら全力で張る、自信のないところではフルレバは控えて様子を見る。

相場はサーフィンみたいなもの。レバをうまく調節しながらこの波をうまく乗りこなすことが大切なのです。

(ハイレバ海外口座の威力は「2万円から億をめざす?!〜ピラミッティングの驚異的な破壊力とは〜」の記事を参考にどうぞ)



フルレバと低レバをうまく使いこなすには、僕の場合はレバ25倍じゃ全然足りないです、はい。

ですので、あまり最初から怖がらずに、まずはデモでもいいので海外口座に慣れることだと思いますよ。

(海外業者に標準のMT4/MT5チャートは独特で慣れるのに時間がかかるので、僕のように実際の取引は海外口座、チャートは国内口座で、と分けるのもいいかもしれませんね)



追証なしの低スプレッドならXM




こちらの記事も参考にどうぞ。

「海外業者のNDD/国内業者のDD方式および、FX税率の違いを知ろう」