2019/07/02

年収1億円オーバーの5割以上はトレーダー!手法はどうやって探す?インジケーターの数値は?

悩む男性




FXを始めるといろいろな壁にぶつかるかと思います。

手法ってどうやって探せばいいの?インジケーターの数値はどうすればいい?

悩みは尽きませんね。一つずつ見ていきましょう。



① インジケーターの数値は業者のデフォルトでいい


最初に、インジケーターの数値はこねくり回さずそのままでいいです。

デフォルト数値ということは、一般的に見られている数値ということ。

ビギナーの頃は気になっていろいろ数値を変えたくなるかと思いますが、市場はよく見られるテクニカルに反応して動く傾向があるので、自分だけトリッキーな数値を設定したところで意味はありません。

これは大事なことなので覚えておきましょう。

(僕のテクニカルについては「インジケーターは何を使えばいい?」を参考にどうぞ)




② 手法はなんでも試してみる


スキャ・デイ・スイングから始まり、テクニカルは何を使うか、何分足を基準にするか……。

FXの手法はそれこそ山のようにあり、勝つための正解は一つではありません。

なので、気になるなら全部試しちゃえばいい、というのが僕の持論です。


一つの手法を見つけたら最低3カ月〜半年は試してみる。

たった数日検証しただけで「これは有効だ・有効じゃない」と決めつけてしまわないこと。

なぜなら 相場は生き物 だからです。


僕も今の手法を見つけるまでは、スイング・デイ・スキャ・それこそなんでも手当たり次第に試しました。

インジケーターも納得いくまで全部ぶち込んでみたし、そうやって使えそうなものを繰り返しチェックしていった。


これは経験上言えることなのですが、聖杯を掴みたければ自分の負けパターンから勝ち方を体で覚えなければダメです。

いろんな商材を買ってみてそれを当てにしてしまう人も中にはいます。

聖杯探しの旅に出てしまうんですね。

でも、商材なんて買わなくていい。


僕のブログ含め、手法なんてネットに無料でいくらでも転がっています。

テクニカルの本をいくつか読んだら、あとは無料の情報で手当たり次第自分で納得いくまで試してみることです。


そのうちに、自分の性格や生活習慣に合った手法というものが見えてきます。

僕も兼業なので最初はスイングでやっていたのですが、性格的にチキン利食いが多くスイングだと勝率が良くないのでデイトレに変えました。

(僕の利確方法については「もっとも難しいのは利確!適切な利食い方法を知ろう」を参考にしてみてください)


こんな風に、人によって性格も生活スタイルもFXに当てられる時間も違うわけです。

全員が同じ手法で勝てるなら、今ごろ日本国民全員が億万長者ですよ(笑)




③ 資金管理も自分のスタイルで


スキャ・デイ・スイングーーレバレッジも手法によって当然変わってきます。

僕の場合は800pips逆行しても耐えられるレバレッジを念頭にポジションを取っています。


なぜ800pipsなのかというとーー。

ドル円における過去の●●ショックでの1日の暴落率が700pips前後なので、そこから逆算し、ナンピンでの含み損も計算に入れてだいたい800pipsはレバの余裕をもたせている、ということです。

(ドル円の10年間における一日の最大変動幅については「損切りの仕方とリスクリワード、ドル円の値幅、資金を守る2%ルールについて」を参考にどうぞ)


ポジションを取る前に、ツールを使って事前にロスカラインを計算に入れておくのもいいですね。

レバレッジ管理をするのに下記のツールは便利ですよ。


国内口座用レバレッジ計算機

海外口座用証拠金計算機

レバ400倍向けロスカット計算ツール

FX損失・利益計算ツール

ナンピン損益計算ツール




④ とにかくルールを遵守!


上記のことを全部守れても、悲しいかな、それを時に破ってしまうのが人間というものです。

FXでは感情を入れずに淡々とトレードすることは何よりも重要なのです。

(メンタルコントロールについては「【FX】ポジポジ病ってどうやったら治るの?」で詳しく書いています)


例えば、優位性のあるラインに来るまでハイレバはしないぞ!と心に誓っても、突然の万能感に襲われ、どうでもいいところでハイレバポジを取ってしまうなんてこともあるわけです。

(何なんでしょうね、この謎の万能感……笑)

ハイレバが癖になってしまう人は、種が増えるまではずっと同じ枚数で縛るのもいいと思います。

紙にルールを書いて冷蔵庫に貼りつけてもいいのですが、慣れてしまっていつの間にか壁の花扱いで目に入らなくなってしまう(僕のような)ケースもあるので考えものですね(笑)


ルールを守るというのはそれほど大変で、一筋縄ではいかないということです。

これを習慣付けてしまえば最強なのですけどね。

そこはもう欲との戦いです。



ある統計によれば、年収1億円オーバーの職業のうち5割以上が株や為替などのトレーダーで占められているのだとか。

庶民が成り上がるのにもっとも早い近道がトレードということですね。





夢は大きく!トレーダーの皆さん頑張りましょうね!



金持ちへの道は自力で掴め!




以下の記事も参考になさってみてください。


「あなたがFXで勝てない3つの理由」

「ロンドンフィックスと週末のポジション持ち越しには要注意!」

「『マーケットの魔術師』はトレーダーの必読本!」