2019/07/15

トレードしながら海外移住!トレードしながら旅したい!〜おすすめ国を一挙ご紹介〜

海外リゾート



海外移住先でトレードしながら優雅に暮らす……憧れますねぇ。

移住でなくとも、あちこち旅をしながらのトレードでもいい。

そんな暮らしは社畜の僕からすれば遠い遠い夢なのですが、夢ぐらい見させてくれよ!!

……ってことで、勝手な独断と偏見で「おすすめの移住国」を一挙ご紹介しちゃいます。


アメリカ・カナダ・豪州・シンガポールなどの先進国はビザの資金条件がかなり厳しいため、ここではもう少し現実的な国に絞ってご紹介したいと思います




<タイ>

タイ


まずはみんな大好き、タイ。

タイについては50歳以降になってからのほうがビザは取りやすそうです。


【ビザ条件(50歳以上)】

80万バーツ(約280万円)の資金証明でリタイアメントビザの取得が可能。


【ビザ条件(50歳未満)】

50万〜200万バーツ(約175万〜約700万)の資金証明
プラス1万〜2万バーツ(約3.5万〜7万)の年会費

*用意できる資金によって滞在可能期間は変わる



<マレーシア>

マレーシア


マレーシアも親日家が多く、タイ同様人気国の一つです。

ただし、資金条件はタイに比べるとグッと上がります。


【ビザ条件】

35万〜50万リンギット(約970万〜約1400万)の資金証明

プラス月々1万リンギット(約28万円)の定期収入が必要



<フィリピン>

セブ島


フィリピンも物価が安く英語圏なので人気国の一つですが、治安が少し心配です。

おすすめは、比較的安全なセブ島あたりになるでしょうか。


【ビザ条件】

1万〜5万米ドル(約108万円〜約540万円)をフィリピンの銀行に半年間定期預金する必要あり

プラス毎年360米ドル(約4万円)の維持費が必要



<オランダ>

オランダ


ここからはヨーロッパにも目を向けてみましょう。

オランダは起業したい人にとっては敷居も低く、英語の通用度も高いためおすすめです。


【ビザ条件】

投資金として4500ユーロ(約60万円)が必要

飲食業・美容師・IT系といった起業家の移住が多いようです。



<チェコ>

チェコ


【ビザ条件】

0円〜(職種や業種により異なる)

一般的にはチェコで事業者登録をすると1年ごとのビザが発給され、5年で永住権を申請できるそうです



<パラグアイ>

パラグアイ 


地球の裏側まで行く覚悟がある方、南米のパラグアイなんていかがでしょう?

南米は覚悟がいる分、物価も安いです。


【ビザ条件】

個人申請の場合、5000米ドル(約55万円)をパラグアイの銀行に一定期間預ける必要あり

代行業者を通した場合は無料



<グアテマラ>

グアテマラ


中米のグアテマラ、特にアンティグアは世界遺産にもなっており街並みもカラフルで美しいです。

パラグアイ同様、治安には注意が必要です。


【ビザ条件】

年金受給額が月1000米ドル(約11万円)あればリタイアメントビザが発給される




……いかがでしたか?

いつかは海外移住!特集を、誰得?(僕得)でお送りしました。


ビザ条件は国の事情により急きょ変更することがあります。また、資金条件は為替によって変動することがあります。詳細は各国の代理店に直接お問い合わせください

参照サイト:「海外移住しやすい国おすすめ10選!ビザなしや永住権が取りやすいのはどこ?」




XMで海外移住の夢を叶えよう!




次の記事も参考にどうぞ。


「FX専業になりたい!兼業トレーダーとどちらがおすすめ?」

「【働きたくない】FX&株、プロとアマチュアの境界線はどこから?【就職は嫌だ】」

「老後30年間で2000万円必要!でも悪質な投資詐欺には騙されるな!」

「FXトレーダーに英語は必須?!英語で情報を効率よく取ってタイムロスをなくそう!」